メニュー

最新情報News

【第51回角館町樺細工伝統工芸展】

樹木が少しずつ色づき初めて、秋の深まりを感じられる角館です。
現在、第51回角館町樺細工伝統工芸展が角館樺細工伝承館にて開催されています。
各問屋、伝統工芸士、職人の日頃より研鑽を積んだ逸品を多数取り揃えて、展示販売しております。
秋色に染まってきた武家屋敷を散策しながら、是非お立ち寄りください。
藤木伝四郎商店の受賞作品もお手にとってご覧いただけましたら幸いです。
【一般社団法人 田沢湖 角館観光協会長賞】カトラリーBOX
【AKT 秋田テレビ賞】八角小箱
第51回角館町樺細工伝統工芸展
会期 10月25日(水)まで
時間 午前9時〜午後5時
場所 角館樺細工伝承館

藤木伝四郎商店の秋

庭の鬼灯が赤く色付き、秋の深まりが感じられる角館です。
「樺細工」の原材料となる上質な山桜の樹皮が、今年も藤木伝四郎商店に届きました。
今年は例年と比べ猛暑が続き、太平洋沿岸の山は湿度も高く、皮剥ぎ師さんは大変な状況の中で皮を採取いただきました。
途中、指を怪我されたとのお話しも聞いておりましたので、とても心配しておりましたが、お陰様で無事に上質な山桜の樹皮が届きました。
心より感謝申し上げます。
「樺細工」で商売させて頂いておりますので、原材料となる皮の調達が一番最初にやらなければならない重要な仕事となります。
今年入った皮を屋根裏で2年程乾燥させ、充分に乾いた2年前の皮との入れ替え作業が終わり、これで2025年までは大丈夫…と一安心です。
自然から頂いた大切な桜皮なので少しの無駄もなく大事に使わせていただきます。

「樺細工の茶筒百景」Tea caddy Views

この度、新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE 5階【Japan creation space monova】にて、「樺細工の茶筒百景」と題して展示会をご企画いただきました。

monova様でお取り扱い頂いている茶筒の他、伝統工芸士が作った茶筒を中心に普段なかなか皆様にご覧いただけない茶筒等、約50種類が並んでおります。伝統工芸士の茶筒がこれ程勢揃いする事もなかなか無く、とても見応えのある展示になっております。
少しずつ秋の深まりを感じられるこの頃ですが、新宿方面にお越しの際は是非、お立ち寄りください。
「自然の美と工芸の技の競演による景色」
角館より旅立ちました茶筒たちを実際にお手にとってご覧いただけましたら幸いです。
【会 期】
2023年10月5日(木)〜11月14日(火)
10:30~18:30 (水曜日休館)

【休業日のお知らせ】

平素より格別のお引き立てを賜り、心より感謝申し上げます。

誠に勝手ながら、藤木伝四郎商店は下記期日を休業日とさせていただきます。

≪休業日≫

2023年9月10日(日曜日)

なお、弊社オンラインショップからのご注文やフォームからのお問い合わせ等は随時承っておりますが、商品の発送やお問合せに対する返信は9月11日(月)以降となりますので、あらかじめご了承ください。

【藤木伝四郎商店オンラインストア】

info@fujikidenshrio.co.jp

何卒よろしくお願い申し上げます。

1234...52